トップページ ニュースへ ミュージアムへ プロフィールへ リンクへ
Craft Factory SHOVEL HEAD
all rights reserved 2005 UDAGAWA Yasuhito Shovel Headにメール

作品展示とワークショップのお知らせ!
[ 2019国際ロボット展 ]

展示会最終日の12月21日(土)に、1日だけの作品展示とワークショップを行います。
作品は新作のフグを含め30点程度を予定しています。
ワークショップでは、『TonTonゴリラ』、『バランス金魚』のどちらかを選んで制作します。ご興味のある方は、ぜひご参加ください!

news
 

●日時:2019年12月21日(日) 10:00〜17:00
 ※ワークショップ最終受付は15:30
●会場:東京ビッグサイト 南3ホール 
 『つくる☆さわれる国際ロボット展』エリア内 Shovel Headブース
●入場料:1,000円 ※事前登録を行うと会場への入場は無料になります。
●ワークショップ参加費:2,100円 ※当日、先着順にて受付します。


終了!
[ ゆけ!! 俺のロボ展 2019 ]
- レトロフューチャー編 -


東急ハンズ渋谷店での展示は終了しました。
1月からは、谷中のHOW HOUSEにて巡回展が始まります。


『月刊美術』2019年9月号
巻頭特集
[ムシとアートの相似形(フラクタル)]


立体作品3展が掲載されました。


終了!
"2019アルル。スペース展『みち』第3部"

ゆっくりお話しできる会場でした。


終了!
『幻獣神話展 VI』

暑い中、ご来場ありがとうございました。


展示終了!

スヌーピー×おもしろサイエンスアート展
『スヌーピー・ファンタレーション』横浜展

 

◆東京展終了 松屋銀座 2018年3月1日〜19日
◆大阪展終了 
阪急うめだ本店 4月17日〜5月7日
◆広島展終了 
広島三越 7月24日〜8月5日
◆名古屋展終了 
ジェイアール名古屋タカシマヤ 8月15日〜27日
◆博多展終了 
博多阪急 2019年3月21日〜4月8日
◆横浜展終了 
横浜赤レンガ倉庫 2019年4月18日〜5月12日

本展示会は、20世紀のアメリカを代表する漫画家チャールズ M. シュルツ原作のコミック「ピーナッツ」の人気キャラクター「スヌーピー」を、心あたたまるコミカルなサイエンスアートの世界を通して体験していただける展覧会です。
第一線で活躍する8名の日本のフィギュア作家達が制作したサイエンスアート作品や、大学や民間企業と連携し、産学の英知を結集して制作した作品など、従来のスヌーピーの展覧会ではあまり例を見ない作品約40点を展示いたします。


この度、上記展示会『スヌーピー・ファンタレーション』開催に伴い、Shovel Headは、スヌーピー作品で参加することになりました。過去の4コマ漫画から、耳を回転させて飛ぶスヌーピーとウッドストックの姿をモチーフに、サイエンスアートというから耳は実際に回転するようにShovel Headのアレンジで制作しました。


お知らせ!
Shovel Head仕様のピンセット完成!
2018年9月より発売開始です。

●先端形状はこれまでになかったもので、操作性抜群!
●ステンレス製、先端ツル首
●Shovel Headロゴ入り
●価格 3,800円(税別)
●製造・販売 株式会社アイガーツール
●お問合せ http://www.eigertool.com/


発売中!
[機械昆蟲制作のすべて
進化し続けるメカニカルミュータントたち-]


台湾の北星文化事業有限公司より出版の図書繁体字版に続き、中国簡体字版が12月に発売されることになりました。

出 版:中国青年出版社



発売中!
[機械昆蟲制作のすべて
-進化し続けるメカニカルミュータントたち-]


craft factory SHOVEL HEAD初の造形技巧&作品集。
ようこそ、機械昆蟲の世界へ!
ぜひ、書店で手に取ってご覧ください。

判 型:B5変
頁 数:176ページ
定 価:本体2,590円+税
出 版:(株)ホビージャパン

編 集:角丸つぶら


発売中!
notepad of flip book "パラパラメモ Tube®"

イベント開催時、または、HOW HOUSEでお求めになれます。


作品紹介!
『 SHOVEL HEAD 2009 』
『 SHOVEL HEAD 2010 』
『 SHOVEL HEAD 2011 』
『 SHOVEL HEAD 2012 』

2009〜12年の作品をさかのぼってご覧になれます。過去の作品も順次追加しますので、お楽しみに!


お知らせ!
FACEBOOKを始めました。

展示会状況などをコチラからお知らせします。


『トカゲの尻尾が切れた時、その尻尾からトカゲ自身の本能で胴体が機械的に再生したら、
どうなるんだろう?』というイメージをもとに、立体作品を制作しています。
『動くんですか?』という質問を受ける事があります。これは未確認情報ですが、
誰も見ていない時に活動しているらしい・・・
いただいた感想や意見等は、今後の参考にさせて頂きます。
これからも少しずつ更新していく予定ですので、たまに遊びにいらして下さい。

craft factory SHOVEL HEAD 宇田川 誉仁

- 更 新 -
12月12日..[ 2019国際ロボット展 ]
11月3日..
[ ゆけ!! 俺のロボ展 2019] - レトロフューチャー編 -グループ展のお知らせ
8月12日..."2019アルル。スペース展『みち』第3部展示のお知らせ
8月2日...
『幻獣神話展 VI』展示のお知らせ
7月20日...
『ワンダーフェスティバル 2019 』展示のお知らせ